治った先に何が見えているか。

本人が本気で良くなりたいと思っていて

継続してちゃんと通ってくれさえすれば、必ず結果が出ます。

本人が「こうなりたい」と明確にした、その状態になれます。

      

そして、もうひとつ。

 

「治った先に、何が見えているか?そこに希望はあるか?」

「今よりももっと幸せになれる!と思えているか?」

ここがハッキリしている人は、必ず、良くなります。

 

でも、ここの部分が、見えていない人が、けっこう多い。

       

「治った先」そこに何もない。

または

「治ったら都合が悪い」


このブログでも何度か書いてきた「治りたくない人々」なんですね。

 

関連記事↓

治りたくない人々。

繰り返す人々。

なかなか治らない人へ。及び、現在病を抱えている人へ。

不幸でいたい人々。

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「治ってしまったら、都合が悪い。」って何?

と気になる方は

過去記事に記してありますので、上記リンクをご参照ください。

 

私の場合は、過去に、自分を殺して生きていました。

全ての感情を抑えていた。そうすることで自分を守っていたのです。

全ての言動は「周りの人の目」を元にしていて

やりたくないことをやって、やりたくない仕事をして。

そして、病気になっていったのですが

「治ってしまったら、またあの地獄に戻らなければいけない」

「でもそれ以外に生きる術はない」

と思い込んでいたんですね。

ものすごい恐怖が「治った先」にあったわけです。

「やりたくないことはやらない、ていうかできない!」

「元気な自分で堂々と、やりたいことだけして生きてく!」

と決めた頃に、すっかり良くなりました。

まあ、そう決心するに至るまで、

大きな体験というか、きっかけというか、色んなことがありましたけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それから

「○○に愛されていない」と思い込んで、病気になっている人の多いこと。

だから病気になって

その○○が、どれだけ心配してくれるか

どれだけ特別扱いしてくれるか、相手の出方を見て、愛情確認をする。

 

治ってしまったら

・誰々に心配してもらえなくなる

・誰々の愛情を確認する術を失う

・自分の存在意義を確認する術を失う

 

そういった強い恐怖

「治りたくない人」の「治った先」には見えています。

それでは、治らなくて当然ですよね。。。

 

全部、間違った思い込みなんだけどね。

 

まあ、そうやって生きていきたいのなら

ずっとそれでいいなら、いいんですけどね。

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こういった方は、

最初の最悪の状態(生活に支障がある程の痛み苦しみ)からは脱することはできますが

ある程度のところまで行くと、止まるんですね。

本人的にしんどすぎない程度のところで、止まる。

または、良くなったり悪くなったりを繰り返す。

(愛情不足になってくると、病気をぶり返す)

※病気が治ってくる過程で

良くなったり悪くなったり、振り戻しが起こることもあるので

全ての方がそうだとは限りません。

 

そして、痛み探しをしながらの毎日を送る。

「痛み」=「言い訳」=「物事の本質から目をそらすための道具」

なんですね。

過去の私がそうでしたからね。

あの頃の私は、すっかり治ってしまうことが怖かったのです。

 

自分は誰に向かって言い訳をしているのか?

自分は誰の許可を欲しがっているのか?

(誰の目を気にしているのか)

自分は誰の愛情が欲しいのか?

(誰に愛されてないと思っているのか)

自分は誰に心配してもらいたいのか?

(誰に心配してもらえてないと思っているのか)

 

ここんとこ、ちゃんと見つめて、はっきりさせてみませんか?

そして、いつか

もうそんなのどうでもいいや!と思えてきたら、本当に楽になれますよ。

生きていくことが。

       

病気じゃなれば愛されないとか、そんなの幻です。

「どんな状態の自分であっても、人の愛を受け取れるし、自分も人を愛せる!」

と自分で自分に許可できれば、そうなれるのに。

 

ていうか、私が見る限り

ちゃんと、家族が見捨てないでずっとそばにいてくれてる、

愛されて、守られている人に限って

「病気じゃなければ愛されない」ってなっちゃってるんです。

(幼少期の体験が元になって癖がついちゃっている人が多い)

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

けれど、身体が辛すぎで、エネルギーが枯渇していると

自分に許可するとか、自分の心をちゃんと見つめるとか

そんな力も出てこないんですよね。

なので「まずは身体から。」なんですね。

そこんとこのお手伝いを、私はしているのです。

 

私の施術を継続して受けていくうちに、生命力がついてくると

最初は無気力で、最低限のことするので精一杯だったのが

ちょっとしたやってみたいことが、出てきます。

(なんか作りたいとか、カフェ巡りしてみたいとか、一人旅したいとか)

気力も体力もあるから、それが、できちゃって、楽しくて。

その後に、また次のやりたいことがでてきて。。。

すごい勇気を出して何かをするとか、変えるとかじゃなく

「ちょっとしたこと」の繰り返しだから

それも楽しみながらだから、全然大変じゃないのです。

そういう日々を送っていると

気付いたら、今までと同じ生活でも、見える景色が違っている。

 

そして、半年、1年後、3年後 

今から想像もできないような自分になっている。

 

「こわい」と思っていたことが、全然怖くなくなっていて

「無理!」と思っていたことが、なんてことなかったりして

ずっとあった不安も、どっかいっちゃってて

「自分らしく生きる」ってことを、自分で許可できるようになってくる。

 

「自分らしく生きる」って、何も壮大なことでなくて

「人の目を気にしないで生きる」ってことです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実態のない「世間の目」の奴隷のようになって生きている。

世の中、そんな人が、実に多い。

そういったマインドが、「体調不良という理由」でわが身を守る。

という術を生み出している。

 

たぶんね、病院に来ている患者さんの8割は、潜在的にそういうマインドの持ち主だと思うなー。

何の根拠もない、ただの勘だけど。

 

※「多くの人が、実態のない世間の目。の奴隷になっている」と常々、私が感じていたことを

ホリエモンの著書に上手く書かれてあったので、次回、ちらっと紹介したいと思います。